はろけんの配当株投資

神戸で働く20代の株式投資ブログ。高配当株をメインに安定した第2の収入源作りを目指します。

ESGと聞いてどんな企業を思い浮かべますか?(日本編)

1月21日、スイス東部ダボスにて
世界経済フォーラム年次総会(通称:ダボス会議)が
開催されました。

 

50回目となる今回は
ステークホルダー(利害関係者)がつくる持続可能で結束した世界」
がテーマです。

 

スウェーデンのグレタさんをはじめとする
10代の若き環境活動家らの環境保護や温暖化防止に関する
演説が注目を集めました。

 

長期的に企業価値を高めるには何が必要かが改めて問われている今、
「株主第一主義」から「ESG(環境・社会・企業統治)」へ
社会的な関心が移り始めています。

 

f:id:haroken:20200122150922j:plain

 

ところで、

みなさんはESGと聞いてどんな企業を思い浮かべますか?

そもそも、

ESGの評価項目にはどんなものがあると思いますか?

 

 FTSE社が定める「ESGレーティング」では

次のように評価項目が決められています。

 

【E】環境

生物多様性

・気候変動

・汚染と資源

・水使用

 

【S】社会

・顧客に対する責任

・健康と安全

・人権と地域社会

・労働基準

 

【G】ガバナンス

・腐敗防止

企業統治

・リスクマネジメント

・税の透明性

 

f:id:haroken:20200122143510p:plain

■(画像)FTSE RussellのESGレーティングとデータモデル

 

このESGレーティングが高いと

長期的に企業価値を高めていける企業だと

評価する上で参考となるのではないでしょうか。

 

そこで、

FTSE Blossom Japan Indexの資料を参考に

ESGレーティングTOP10を調べてみると

以下のような企業が抽出されました。

 

Local
Code
(Japanese) % weight
in index
Overall
ESG Score
9983 ファーストリテイリング 2.2% 4.7
8604 野村ホールディングス 0.6% 4.7
8411 みずほフィナンシャルグループ 1.4% 4.5
9613 エヌ・ティ・ティ・データ 0.3% 4.4
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 0.5% 4.3
4536 参天製薬 0.3% 4.3
8795 T&Dホールディングス 0.3% 4.3
3861 王子ホールディングス 0.2% 4.3
7272 ヤマハ発動機 0.2% 4.3
8424 芙蓉総合リース 0.0% 4.3

 

これらの企業をご覧になって

皆さんどう思われましたでしょうか?

 

私が気になったのは第3位

みずほフィナンシャルグループです。

 

メガバンクの中でも最弱...もとい、

業績不振が目立ったみずほですが、

ESGの観点からは高評価となっています。

 

なぜ、みずほが高評価なのか興味深いです。

詳しい調査結果は当然公開されていませんが、

銀行業界ではUFJSMBCが今は花形ですが、

将来追い越す時が来るのかもしれません。

 

銘柄探しの際に、

ESGという視点を加えると

気になる企業との出会いが変わりそうです。

 

【謹賀新年】2020年、日本株・米国株ほしいものリスト

明けましておめでとうございます。

ついに2020年となりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今年は、 

ブレグジット東京五輪、米国大統領選など

穏やかには過ごせない1年になりそうだと

感じています。

 

2019年は、

J-REITの値上がりのおかげで

たまたま想定以上のリターンを得ることができたと

まずは自戒したいと思います。

 

私のような、

「しがない兼業投資家レベルの目利きでは

個別株の売買でリターンを得られるわけがない」

という考えのもと

今年も「ダウの犬投資」をベースに

REITや商社など投資先に分散が利いた銘柄に投資しつつ、

ポートフォリオのお手入れをしていきたいと思います。

 

現在、時価総額の高い高配当銘柄でよく知られている

三井物産三菱商事オリックスなどを保有しています。

これらは売買益目的ではありませんので継続保有です。

 

米国株で継続保有しているものとしては

SPYDとMO、BTIなどがあります。

 

ポートフォリオに高配当株が組み込まれている状態で、

さらにお手入れとして”追肥”したいなと考えているものを

雑記したいと思います。

 

◆お品書き

 

日本株

◎物流施設
・3281 GLP投資法人 分配金利回り3.83%
・3487 CREロジスティクスファンド投資法人 分配金利回り4.50%

→再び、J-REITです。Amazonの他に楽天やYahooなどEC勢のポイント還元祭りがかつてないほどに盛り上がっています。メルカリなどのネットフリマ文化の浸透も物流取扱量を押し上げることで、物流施設需要は堅調であると期待しています。この2銘柄を組み合わせて、配当利回り4%キープを目安にしたいです。

 

◎インバウンド

・8963 インヴィンシブル投資法人 分配金利回り5.71%

 →これもJ-REITです。今年前半はオリンピック特需もあり、ホテル稼働率はピークを迎えると想定されます。ホテル系のインヴィンシブルは前半・後半に分けるつもりで、割り切って注目したいと思います。予想分配金が維持されて株価が下がる(利回り上昇)場面が年の後半にあるなら、買い増しを検討するというくらいのスタンスで、少し組み入れておきたいと考えています。

 

 <米国株>

 ◎全米投資

楽天VTI

→米国の中長期的な成長に期待して、楽天VTIを「つみたてNISA」+「積立投信」で今年も継続して積み立てていきたいと思います。積立の決済に楽天カードを使えば楽天ポイントがもらえますので、1%の余力が追加される鉄板の投資ですね。

 

◎ダウの犬

・SPYD

→このETFを使って、米国の高配当株に広く投資しています。ETFなので売買の自由度が高く、勝手にリバランスしてくれるのでとても便利です。現在も保有していますが、株価が下がって利回りが改善した際は、追加投資できるように現金を残しています。

 

REIT版ダウの犬

・SRET

→ゆーたんさんのブログを読んでほしいなと思ったのが、高利回りのREITを詰め込んだSRETです。ブログの結論的には、購入推奨ではないのですが、ポートフォリオに少し組み入れるくらいなら面白いと思います。トータルリターンで比較した際、S&P500に劣らないという結果も興味深いです。 

ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪
【SRET】~利回り7%超!高分配(高配当)に特化したREITを集めたETF♪~https://yutan-investment.com/?p=4645

 

◎新興事業開発投資

・ARCC

→BDC(Business Development Company)に分類される投資会社です。BDCは、様々な新興企業や新興事業に投資しており、また利益の90%以上を配当に回すことで法人所得税免除を受けられるというREITと似た性質を持っています。そのBDCの代表格がARCCです。全米の上場企業に投資し、不動産(REIT)に投資し、あとは非上場だ!ということで、少し組み入れたいなと考えています。もちろん、8~9%という高配当なのでウォッチしています。

 

<まとめ:ほしいものリスト>

・3281 GLP投資法人

・3487 CREロジスティクスファンド投資法人

・8963 インヴィンシブル投資法人

楽天VTI(全米)

・SPYD(ダウの犬)

・SRET(REIT版ダウの犬)

・ARCC(新興事業開発投資)

 

分かってもらえる人にだけ分かってもらえればいいという

雑なメモですが今はこんな感じで考えています。

ひとつでもいいなと思えるものが見つかったなら幸いです。

 

f:id:haroken:20200103164937p:plain