はろけんの配当株投資

神戸で働く20代の株式投資ブログ。高配当株をメインに安定した第2の収入源作りを目指します。

新卒の就活から考える投資先の選び方

皆さんは新卒で入った会社を

どのように選ばれましたでしょうか。

 

自分が選んだ勤め先は

貴重な時間を向こう何年、何十年と

捧げることになるうえ、

収入や労働時間、人間関係など、

自分の生活にも大きな影響力を持ちます。

 

株取引の場合、

失敗したときは数クリックで

損切り(泣きながら)ができますが、

勤め先の場合、

自分のその後の市場価値に響くため

なかなか損切りはできません。

 

それほど重要な選択となる最初の勤め先を

今の就活生はどのように選んでいるのでしょうか?

 

その結果を知って、

私の投資先選びとよく似ていたので

このテーマで書いてみようと思いました。

 

◆お品書き

 

f:id:haroken:20190907005320j:plain

 

1.就活生の「働き方」に関する意識調査アンケート

株式会社i-plugが実施した

就活生の「働き方」に関する意識調査によると

2020年卒予定の就活生が考える

魅力に感じる企業の特徴は以下の通りです。

 

1.社内の雰囲気が良い

2.給与、待遇が良い

3.成長できる環境がある

 

これを株投資に置き換えると、

 

1.チャートの雰囲気が良い

2.株主還元(配当など)が良い

3.成長分野に投資している

 

となりますかね。

3.は、時事問題や社会問題の解決に期待される分野のことで、

AIやクリーンエネルギー、人工肉など様々なテーマがあります。

 

例えば、業績が低迷しているキャノンについて、

2022年までにAI人材を1500人増員して、

画像処理の開発を加速させることが報道されました。

 

一方で、同じく業績が低迷している日産自動車について、

西川社長の社長報酬不正受領が新たに発覚し、

社内問題に手を焼いてばかりいます。

アライアンス強化に努めなければ

技術開発にも悪影響が出ます。

 

2.働きたい組織の特徴

株式会社リクルートキャリアが実施した

働きたい組織の特徴(2019年卒)という調査によると

以下のような結果となりました。

 

1.仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる

2.安定し、確実な事業成長を目指している

3.コミュニケーションが密で、一体感を求められる

4.入社直後の給与は低いが、

 長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる

5.周囲に優秀な人材が多く、刺激を受けられる

 

これを株投資に置き換えると、

 

1.最低投資額が小さく、分散して売買できる

2.業績が安定し、売上や利益が確実に拡大している

3.IRの情報発信がきちんと機能している

4.現在の配当利回りは低いが、増配が期待できる

5.Twitter民に愛されている

 

となりますかね。

5.については、J-REITの個別株は閑散としてますし、

投資の時間軸の違いから意見が対立したり、

過去に何があったの系アンチがいたりしますので

一概には言えませんが。。

 

刺激を受けるという意味では、

Twitter民が注目している銘柄で情報収集して

実践的に投資を学ぶのは有益なことだと思います。

(例えば、配当7%になったJTをいくらで買うべきなのか問題とか。)

 

3.まとめ

これらの調査結果を踏まえると、

近年の就活は投資の考え方に近づいてきており、

単純に会社規模やネームバリューで選ぶよりかは、

1社にこだわらない生涯のトータルリターンで

判断する人が増えてきたように思います。

 

その会社の持つ成長力や将来性、提供価値といった

コアコンピタンスに目を向けるようになった

と言えるのではないでしょうか。

 

そういった視点で入社した

若い世代が未来を担うと考えると、

成長の妨げとなるような、

古めかしい慣習や伝統、忖度で成り立つ組織の

悪事はどんどんと暴かれていくことでしょう。

 

企業の年齢別の社員数などにも注目して

新卒の価値観にも時折目を向けてみると

今後の投資先選びのヒントが得られるかもしれません。

  

はじめてのJ-REIT→不動産×倉庫×分散で選びました

先行きの景気後退と金利低下を見込んで

不動産に関連する投資先を求めて

J-REITを物色していました。

 

そんな中、

私が最初に興味を持ったのが

(3281)GLP投資法人です。

 

GLPは物流倉庫施設に特化した

不動産投資法人です。

 f:id:haroken:20190831210831j:plain

Yahooファイナンスでは、

次のように紹介されています。

 

物流施設の開発・運営等の国際的大手であるグローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッドの日本法人日本GLP株式会社をスポンサーとする物流施設特化型J-REIT。JCRから「AA」という高格付を取得しており、日本銀行が投資口5%以上を保有している銘柄の一つ。

 

倉庫業はいわゆる内需インフラ系銘柄であり、

比較的景気の影響を受けにくい特徴があります。

 

そして、

不景気で安定資産の国債が買われるようになり、

金利が低下すると資金調達コストが下がるため、

不動産取得がしやすくなるという利点があります。

 

不動産 × 倉庫 × 分散 = GLP

 

という式が頭の中で出来上がりました。

 

特に、

購入当時はGLPの株価はあまり高くなく、

分配金利回りが4%後半で推移していました。

 

物流施設特化型のJ-REITの中でも

物件数が多くエリア分散が利いており、

比較的高利回りだったこともあり、

はじめてのJ-REIT投資として

この銘柄を選びました。

 

現在は株価が上がってしまい、

利回りの旨味は薄いですが、

個人的には今もお気に入りの銘柄なので

紹介したいと思います。

 

◆お品書き

  

1.GLPのポートフォリオ

GLPは日本の様々なところに物流施設を保有しています。

そのポートフォリオマップは下図の通りです。

(全75物件、取得総額6000億円以上)

※2019年3月公表時点

f:id:haroken:20190831211650j:plain

 その他のエリアは地価が安くなるため

投資比率は小さく見えますが、

物件数はしっかり確保できています。

 

そして、

2019年7月末時点で

物件の稼働率は99.9%!

 

空室が厄介なマンション投資などと比べると

この収益の安定性は魅力的です。

 

2.GLPのお客さん

GLPの物流施設は大型なものも多く、

太陽光発電地震対策などが講じられた

先進的な物件に重点投資しています。 f:id:haroken:20190831221930j:plain

では、

どんな会社が利用しているのでしょうか?

GLPのテナント構成を見てみます。

※2019年3月29日公表時点

 

f:id:haroken:20190831220317j:plain

日立や日通、アスクルの他

三井倉庫やヤマトの名前もあります。

 

(注4)はテナントの承諾が得られていないため

非公表となっておりますが、

おそらくamazonではないかと思っています。

 

f:id:haroken:20190831220848j:plain

f:id:haroken:20190831220859j:plain

 

ネット通販がますます活況となってきており、

物流施設の需要も供給も右肩上がりです。

 

物流施設に特化した他の投資法人でも

稼働率が100%近くとなっており、

競争が高まっているのは事実です。

 

では、

これからどんな倉庫が生き残るでしょうか?

 

より立地が良く、より機能的で、

より災害に強い付加価値の高い倉庫。

そして、

”そこで働きたいと思える倉庫”。

 

公共交通機関が整っており、

綺麗な食堂で美味しいご飯が食べられて、

休憩室からの眺望が自慢―

 

このように、

「人手が集まりやすい環境かどうか」

という要素は倉庫の付加価値として

今後重要になると考えています。

 

 3.GLPの購入タイミング

GLPの株価は8月末時点で131,000円です。

NAV倍率(≒PBR)は1.16と少し高め。

 

f:id:haroken:20190831225049j:plain

 

2月末の分配金実績は2,657円、

8月末の分配金予想は2,764円、

よって年間分配金予想は計5,421円。

現時点で利回りは約4.13%となります。

 

現在の分配金の水準で

利回り5%を目指すなら

買い目標株価は108,420円です。

 

しかし、

なかなかそこまで下がることはありません。

 

NAV倍率が1.0となる株価はというと

113,200円あたりとなりますが、

ここもなかなか難しい水準です。

 

個人的には次の買い増しターゲットは

利回り4.5%程度となる水準の

株価120,500円あたりと見ています。

 

理想は利回り5%なのですが、

GLPはじりじりと増配していますので、

長期保有で目標とする利回りに

近付けていこうと考えています。

 

GLPの分配金推移は下図の通りです。

 

f:id:haroken:20190831230312j:plain

 

そもそも、

8月の権利落ちでも

130,000円台を維持していますので、

当面は120,000円まで落ちることは

ないかも知れません。

 

そんな場面があれば買いたいな

というくらいの気持ちで深追いせずに

J-REITを組み入れていきたいと思います。

 

 haroken.hateblo.jp

 

配当性向100%超えの武田薬品工業を買って思うこと

ここ最近日本株軟調で、

配当利回りが5%を超える銘柄が増えてきました。

 

目先の割安感から安易に買い向かうと

業績の下方修正などでの株価下落+減配の

ダブルパンチをもらう危険性があります。

 

というわけで今まで私は、

たばこ株、銀行株、自動車株などを

見送ってきました。

 

そんな中、

最近久しぶりに買った日本株

(4502)武田薬品工業です。

その経緯について記録を残したいと思います。

 

f:id:haroken:20190824141604j:plain

 

◆お品書き

 

1.配当性向と配当方針

武田は2019年3月期、配当性向158.59%を記録しました。

EPS(1株利益)113.50円に対して配当が180円です。

普通ならもう次回は減配確定...と考えるところです。

 

しかし、

武田は信念をもって年間配当180円を維持しています。

過去の配当状況はこちら。

 

f:id:haroken:20190824121350j:plain

 

配当性向が100%を超えようが、

赤字であろうが(2015年)、

年間配当180円据え置きです。

配当株投資家として安心感を覚えます。

 

武田も最近は同様に株価が下がってきており、

配当利回り5%になった頃に購入を検討し、

3500円を割れる場面があればと思っていたところ

狙い通り購入することができました。

 

2.「実質的な成長」 

武田は「実質的な成長」について

次のように定義しています。

 

「実質的な成長」は、当年度と前年度(四半期もしくは年間)の業績を共通の基準で比較するものであり、マネジメントによる業績評価に使用されています。為替レートを一定として、事業等の売却影響およびその他の非定常的もしくは特別な事象に基づく影響、本業に起因しない(ノン・コア)事象による影響を控除し算定されます。

 

この概念に基づき算出される”Core営業利益”は

このように説明されています。

 

Core営業利益は、純利益から、法人所得税費用、持分法にかかる投資損益、金融損益、その他の営業収益およびその他の営業費用、製品に係る無形資産償却費及び減損損失を控除して算出します。その他、企業買収に係る会計処理の影響や買収関連費用など、本業に起因しない(ノン・コア)事象による影響を調整します。

 

この基準で考えることが、

投資家にとって有用であるという見解です。

 

ちなみに、

2019年度の第1四半期は、

”Core営業利益率”が32.4%でした。

また、”Core EPS”は123円56銭でした。

 

”Core営業利益率”は高水準を維持しています。

本業にある稼ぐ力の高さを確認できます。 

 

3.Shire社買収の影響

武田には社運をかけた切り札があります。

 

2019年1月、

武田は約7兆円にのぼる

Shire社の買収を完了させました。

 

買収の理由は、

地理的な事業領域を拡大して、

特に米国における力をつけるため。

 

イノベーションを推進する上でも

米国は重要な市場であるという判断のもと

この低金利のタイミングで

巨額な買収に踏み切ったのは好感が持てます。

 

そのおかけで、

現在は大幅な減益となってしまったわけですが、

Shire社の買収影響を除く連結業績を確認すると、

 

当期純利益 3,128億円

(EPS 323.50円 ※配当性向55.6%)

 

と公式に記載されています。(下表参照)

 

f:id:haroken:20190824124443j:plain

 

巨額な買収を実行しなければ、

十分な利益を生み出していたわけですが、

そういうときにこそ変革を目指すのは

正しい判断だと思います。

業績が落ち込んでからでは手遅れです。

 

今期は大幅な赤字が見込まれていますが、

今年の5月にShire社買収の一環として取得した

ドライアイ治療薬を最大53億ドル(5830億円)で

売却することを発表しました。


経営にとってコアでない事業を売却し、

売却資金で債務の返済を行うことを公表しており、

今後もスピード感を持って事業仕分けすることでしょう。

日本郵政のトール社買収とは訳が違うのです。

 

Shire社買収により海外売上比率も大幅に変化しました。

下表の通り、力を入れるべき米国で売上を伸ばしていける

土台を築いたとなると期待が持てます。

 

f:id:haroken:20190824131129j:plain

 

4.最後に

配当株投資家として、

配当利回りは大切にしています。

もちろん、配当性向も気にします。

利益推移が安定していれば尚良しです。

 

しかし、今回はそれらの判断基準から外れるものでした。

安定重視のはずなのに赤字確定の会社を選ぶなんて、、

自分でも少し意外でした。

 

今後日本は売上を伸ばすことが難しい国になるので、

日本株に投資をする上では見極めが難しくなります。

 

株価が下がって配当利回りが5%になったからといって

本当にそれは割安なのか?という疑問を持つことが大切です。

 

積極的にグローバル投資して

海外での売上を伸ばしていける会社であれば

配当利回り5%という株価水準は割安だと考えます。

 

武田の買収劇はあまりにも大規模すぎて

やや極端な例ではあるとは思いますが、

これぐらいの決断と行動を実行しないと、

未来の日本では安定を得られないのではないでしょうか。

 

※このように考えるとやはり総合商社株もお勧めですので

興味がある方はこちらもお読みください。 

haroken.hateblo.jp

 

P.S.

お世話になっている整骨院の先生に

アリナミンって本当に腰痛に効くんですか?」

と聞いたところ、

「あ~!効果ありますよ!持ってますか?ぜひ飲んでくださいね!」

という評価をもらえました!

なんか株主として嬉しかったです!(^v^)

  

【第3類医薬品】アリナミンEXプラスα 60錠

【第3類医薬品】アリナミンEXプラスα 60錠